カテゴリーから検索はこちら

Translate:

QR Code

近いけど異国情緒たっぷりの台湾旅行2泊3日【台湾】

 

Getting to Taiwan from Okinawa by airplane # Travel Journal of Taiwan for 2 nights. Please click translation function on the upper right side of this screen.

 

飛行機で50分で行くことが出来る台湾

沖縄から飛行機で50分でいけるお隣の国「台湾」。美味しいフルーツが安い値段で食べられるのは沖縄と似ていますが、肉まんが最高に美味しかったり、ジブリの世界観を味わえたり異国情緒たっぷりでとても楽しかったです。日本よりも観光客を受け入れる体制が国として出来ているのでキャッシュレスで過ごせることが多かったのも台湾の魅力の1つだと思います。台湾についたらまずは空港でフリーwifiの設定と悠遊カード(EASYCARD)をゲットして台北市内に移動します。

 

EASYCARD 悠遊カード
EASYCARD 悠遊カード

 

 

台湾に持って行くのに注意が必要なもの

今回私が台湾に行って失敗したと思ったのが、一眼レフカメラを首からぶら下げて行った事です。台湾人と日本人は顔立ちは似ているので黙って道を歩いていれば物乞いに声をかけられる事はそれほどありません。しかし首からカメラを提げていたら「私は観光客です」と主張しているようなもので、龍山寺では物乞いから次々に声をかけられて怖い思いをしました。周りを見回しても確かにみなiPhoneかコンデジを持っていました。持って行くのも持って行かないのも自由ですが、そういう目で見られているということは犯罪に巻き込まれる確率も上がるということなのでどうぞ気を付けて下さい。(私はすぐに一眼レフカメラをリュックにしまいました)

 

台湾の回り方(1日目)

 

台湾にいる間はホテルに隣接している台北駅が全ての工程のスタート地点になりました。空港で手に入れた悠遊カード(EASYCARD)は日本のSuicaの様に電車もバスもコンビニも使うことができて便利です。

ホテルにチェックインして荷物を部屋に入れたらすぐにお昼ご飯を食べに出発です。

 

 

桃源街政宗山東牛肉麺

台湾に来て最初の食事は桃源(タオユアン)街にある「桃源街政宗山東牛肉麺」です。中国からやってきたラーメンが日本で独自に進化して発展したように台湾でも独自に進化して発展したのが牛肉麺(ニュウオウミエン)です。牛肉麺は辛い物と辛くない物の2種類があって、どちらも美味しかったです。

 

View this post on Instagram

#桃源街政宗山東牛肉麺#台湾

A post shared by hana (@mikage_saku) on

 

 

お腹いっぱいになったら台湾一番のパワースポットに移動しました。

 

龍山寺

台湾最強のパワースポットと謳われる龍山寺(中国読みはロンシャンスー)。縁結びの月下老人、安産の註生娘娘、三国志の関羽、天上聖母、文昌帝君など様々な神様が一同に集まっていて、独特のルールでおみくじを引く事が出来ます。地元の人もたくさんお参りされており、現地の生活ぶりなども見る事が出来ます。

 

View this post on Instagram

#龍山寺

A post shared by hana (@mikage_saku) on

 

 

淡水老街

台湾のベニスと言われている水が豊かな淡水老街は他の台湾の夜市とは違って静かで最高な場所でした。金色水岸には遊覧船があり、明るい時間帯にはたくさんの人が並んでいました。淡水夜市は淡水捷運(タンスイショウウン)公園の奥にあります。夜市とはナイトマーケットの事です。台湾では屋台で飲み物は販売しないのか、みなコンビニで青島(チンタオ)ビールを買います。そして屋台で食べ物を買って水辺までやってきます。他の夜市ではみかけないような食べ物もあり、適度ににぎわいっていて活気があるよい夜市でした。

 

淡水老街
淡水老街

 

 

この淡水夜市に行った後、まだ時間があったので他の夜市に行く事にしました。夜市の中で一番有名なのが士林で毎日開催されている「士林夜市」です。たくさんの人でにぎわい、食べ物の匂いで溢れており、とても活気があります。私はすでに淡水夜市で食事を済ませてしまっていたので、ここではあまり食べませんでしたが、せっかくきたので階段を降りて大きな地下街になっているような場所にある地下の食堂で魯肉飯(ルーローファン)とマンゴービールを注文。正直あまりおいしくありませんでした。このあと3日目の朝に魯肉飯を食べるまではたいして美味しくない食べ物だと思っていたのでどこで何を食べるかは重要だと思います。

 

View this post on Instagram

#魯肉飯#士林夜市

A post shared by hana (@mikage_saku) on

 

台湾の回り方(2日目)

2日目の朝は友達が絶対に食べて欲しいと勧めてくれたお店からスタートします。

 

三重蛋餅大王の雙蛋蛋餅

三重(サンチォン)蛋餅(ダァンビン)大王( ダァー ゥアン)は看板に早餐店とあるように地元の人に人気の朝ごはん屋さんです。私が訪れた時は地元の台湾人しかいませんでした。英語は通じないので中国語のメニューを指さし注文しました。下写真がこのお店の一番人気の雙蛋(シゥアンダァン)蛋餅(ダァンビン)。雙(双)蛋は卵二つ、蛋餅は台湾式卵クレープの意味。つまり卵二つを油で揚げたものという意味です。豆乳も日本で飲むものとは全然違って臭くなくて優しい味でめちゃくちゃ美味しかったです。

 

View this post on Instagram

#三重蛋餅大王 #雙蛋蛋餅#台湾#台中

A post shared by hana (@mikage_saku) on

 

 

十分(十份)でランタン上げ

十分(十份)で毎日行われているランタンを飛ばす「天燈あげ」は、天にいる神様に願い事を届ける台湾の伝統行事です。ランタンにお願い事を書き、お店の人が協力してくれるのでそれを空にあげます。ランタンに書き込む内容はお願い事じゃなくてもイラストでもなんでも好きなことを書いて大丈夫です。ランタンの値段はお店によって変わってきますが、大体1000円以内です。

 

View this post on Instagram

#十份ランタン #台湾

A post shared by hana (@mikage_saku) on

 

 

九分

スタジオジブリの映画「千と千尋の神隠し」にでてくる「油屋」のモデルと噂になった場所です。それもそのはず、雰囲気がとてもよく似ていて異国情緒たっぷりでした。特に夜になるとよりその雰囲気がより濃くなるので夕方から夜にかけてツアーでここを訪れる人がとても多いです。食べ物やお土産の屋台が立ち並ぶ基山街と古い建物が建ち赤提灯が並ぶ豎崎路の2つのエリアが楽しめます。

 

台湾 九ふん きゅーふん
台湾 九ふん

 

 

鼎泰豊

九ふん(九份)からバスで台北に戻り、夕食を取る為にやってきたのは日本人が台湾旅行で行くレストランの代表格「鼎泰豊」。何店舗かあるのですがどのお店も大人気で必ず並ぶという口コミをみたので一番空いていると言われる信義にある新光三越A4店に行く事にしました。台北にある台湾101は地理的に便利なのですが、店内が広い分中国人ツアー客も多いらしいです。

噂通りさほど待つこともなく入店し、注文したのはとにかく美味しいと噂の「紹興醉鶏」。本当にあっさりしてて美味しかったです。そして野菜と豚肉のワンタンスープ。海老チャーハン。そして台湾に来たら絶対に食べたい小籠包は鶏と豚の各5個入り。流石ミシュラン一つ星のお味でしたが、値段は5品頼んで4000円より安かったです。

 

View this post on Instagram

#鼎泰豊#信義#三越a4

A post shared by hana (@mikage_saku) on

 

 

三越のある信義は台北の中でも大都会。お腹いっぱいになったので夜の台北を散策してホテルに戻りました。

 

台湾の回り方(3日目)

最終日の3日目は歩いて朝ご飯を食べに行くところからスタートします。

 

三元號

2日目の美味しくなかった「魯肉飯」の記憶を払拭するためにやって来たのが三元號(サンユエンハオ)。ここの名物は「汁だくの魯肉飯」とふかひれのつみれスープである魚翅肉羹湯(ユーチーロウガンタン)です。士林夜市で食べた魯肉飯よりも値段は安いうえにめっちゃくちゃ美味しかったです。

 

View this post on Instagram

#サンユエハオ #魯肉飯

A post shared by hana (@mikage_saku) on

 

 

この後は蒋介石の記念公園へ行くために台北駅に向かったのですが、蒋介石にお会いする前に謎のモニュメントに出迎えて頂きました。

 

View this post on Instagram

#台湾#台北駅

A post shared by hana (@mikage_saku) on

 

台北駅から中正紀念堂駅まで電車で15分。

 

中正紀念堂

私が台湾旅行最後に選んだ観光地は中正紀念堂です。「中正」は蒋介石の本名です。蒋介石は中華民国の政治家であり、軍人でした。第3代・第5代国民政府主席、初代中華民国総統、中国国民党永久総裁など様々な肩書を持った蒋介石の記念会館が中正紀念堂です。

 

View this post on Instagram

#中正紀念堂 #台湾

A post shared by hana (@mikage_saku) on

 

ここに来たからには絶対に見るべきなのは衛兵(えいへい)交代式。衛兵達は本当に微動だにしないのでまるで人形のようでした。時間が来て交代する時は見ている観光客たちも静かにするので、私も物音をたててはいけないと緊張しました。

 

View this post on Instagram

#中正紀念堂 #台湾

A post shared by hana (@mikage_saku) on

 

 

桃園空港の春水堂

そして本当の最後に口にしたのはいまや日本人が大行列に並んでまで飲んでいる台湾タピオカミルクティ。その中でも台湾で一番有名な春水堂が桃園空港にもあります。但し、私が乗る第1ターミナルではなく、第2ターミナルにある為にわざわざ移動しないと行けなかったのが大変でした。第1ターミナルと第2ターミナルはかなり離れているので徒歩で行く事は難しく、バスかモノレールでの移動になります。行きはバスに乗り、帰りはモノレールに乗ったのですが、モノレールの乗り口がかなり分かりにくく、あやうく飛行機に乗り遅れるところでした。

 

View this post on Instagram

#桃園空港 #春水堂タピオカ

A post shared by hana (@mikage_saku) on

 

春水堂タピオカミルクティーはタピオカがプリプリしていて美味しかったです。台湾の物価を考えたらかなり高いですが、本当によく売れていました。これにて私のよく歩き、よく食べた台湾旅行記は終わりです。沖縄と似ている所もあれば、やはり異国を感じさせる所もあり、とても楽しかったです。

そしてこちらが道を尋ねた台湾人のおばちゃんも、淡水で揚げ物を買うのにシェアしようと声をかけてくれたマダムも、ホテルウーマンもみんなとても優しくしてくれました。来年、オリンピックでたくさんの海外からのお客様に今度は私が優しくしようと思わせてくれた台湾旅行でした。

 

QR Code

Posted by hana