カテゴリーから検索はこちら

Translate:

QR Code

もののけの森が目の前に広がる白谷雲水峡(しらたにうんすいきょう)【屋久島】

 

Shiratani-Unsuikyou called Mononoke-no-mori, the mossy forest was filled with life # Travel Information of Yakushima-island (Remote-island in Kagoshima). Please click translation function on the upper right side of the screen.

 

白谷雲水峡

ジブリ映画「もののけ姫」の「もののけの森」のモデルになったと言われている鹿児島県の屋久島と青森県の白神山地。どちらも苔むす森として有名です。普通の山では晴れたほうがいいのでしょうが、この白谷雲水峡は雨の方が苔たちがイキイキとしていて本当にしし神様がいてもおかしくないほど神聖な感じが漂っていました。

 

 

屋久島 白谷雲水峡
屋久島 白谷雲水峡

 

白谷雲水峡は自分達で行く事も出来ますが、ガイドさんを付けたほうが楽しいです。山の事、屋久島の事、植物の事、ここに生きる動物の事は本州とは全く違うのでお話を聞きながら行くほうがいいです。今回私は屋久島歴6年以上の友達がガイドしてくれたのでとても楽しかったです。

 

持ち物や服装について

基本的には他の離島の持ち物と同じですが、ここ屋久島ならではのものをご紹介します。

 

 

ペットボトル1本

屋久島の素晴らしい所は川の水は飲めるということです。通常山に入る人ならわかると思いますが、飲み水を確保するために重くても荷物として持って行かねばなりませんが、屋久島ではペットボトルに入ったお茶を1本用意すれば大丈夫です。

 

熱湯が長持ちする水筒

意外に思われるかもしれませんが屋久島は365日のうち300日は雨が降ると言われるほど雨の多い場所です。例えレインウエアを着ていても雨で体は冷えてしまいます。冷えた体を温める為にも熱湯と一緒にコップとドライフーズの味噌汁やインスタントコーヒーなどを持って行くといいです。

 

 

携帯トイレ

これは人が入ることが増えた山全部に言える事ですが、必ず携帯トイレを持って山に入りましょう。白谷雲水峡も散策コースがあり、トイレも設置されていますがあまりに人が増えすぎて困っているのがトイレの維持問題です。白谷雲水峡に入る時に500円の協力金はほぼトイレの維持費に費やされてるといってもいいほどの大きな問題となっています。自分だけだからいいかという考えは辞めて、トイレの中で携帯トイレを使って自分のものは自分で持ち帰りましょう。

 

 

オーバーサイズのポンチョ型のレインコート

セパレートタイプのレインコートはもちろん必要ですが、それとは別に被れるぐらいのおおきさのポンチョ型のレインコートがあればなおいいです。かなり長時間雨に濡れ続ける事も考えられますので防水タイプのリュックに防水カバーをかぶせていてもずぶ濡れになりました。できれば上から完全に覆えるタイプのポンチョ型をお勧めします。

 

 

防水カメラ

雨の多い屋久島で、山の中に入る時は一眼レフや一眼はかなりの難易度です。私が見た限りではそういうカメラを持っているのはガイドの人だけで、慣れた感じでスーパーのビニール袋をカメラの雨避け替わりに使っていました。かなりの上級者テクニックです。私も持って行きましたが、ジップロックに2重に入れて、更に防水バックに入れたまま一度も出す機会はありませんでした。その代わり、活躍したのが防水カメラです。

 

 

白谷雲水峡の回り方

白谷雲水峡の回り方といっても増水時はルートを変更したりするので、自分の行きたい場所を伝えたら基本的にはガイドさんにお任せした方がいいです。(下図をクリックでpdfを開く)

 

 

私はジブリ映画「もののけ姫」の中でモロが「黙れ小僧、お前にサンが救えるのか」の場面のモデルとされる岩山である(上記地図の16番の)太鼓岩に行きたいとお願いして連れて行ってもらいましたが、霧で真っ白で何も見えませんでした。快晴の時はまさにあの映画の世界が目の前に広がるそうですが、なかなか実現は難しそうです。

 

太鼓岩 白谷雲水峡 屋久島
太鼓岩 白谷雲水峡 屋久島

 

それでも雨が降ると輝く森はとても綺麗でした。屋久島に来たら屋久杉まで歩いていくツアーよりもまだ行きやすいので白谷雲水峡は絶対に行った方がいいです。

 

View this post on Instagram

#屋久島#白谷雲水峡

A post shared by hana (@mikage_saku) on

 

ちなみにオンシーズンでなくても登山客はかなりの数がいます。特に昼から人が増えてくるので生き物に出会う確率は下がってしまいます。私は白谷雲水峡ではヤクシカにもヤクザルにも会いませんでした。苔の世界を楽しむ方がいいと思います。

 

ホームページ

 

アクセス

名前:白谷雲水峡
住所:鹿児島県熊毛郡屋久島町宮之浦

※屋久島の河川は強い雨が降ると一気に増水する特徴があります。気象情報には十分に注意して行動してください。

 

屋久島空港から 車で約35分

QR Code

Posted by hana