カテゴリーから検索はこちら

Translate:

QR Code

願い事を書いてランタンを飛ばそう【台湾:十分(十份)】

 

 Shihfen is well-known for it’s Sky lanterns # Travel Information of Taiwan. Please click translation function on the upper right side of the screen.

 

十分(十份)

十分(十份)は日本語読みでじゅうふん、中国語読みでシーフェンと読みます。台北から離れた山の中にある小さな町ですが、たくさんの観光客でにぎわっています。

 

天燈あげ

十ふん(十份)で毎日行われているランタンを飛ばす「天燈あげ」は、天にいる神様に願い事を届ける台湾の伝統行事です。

ランタンは4面の四角い形をしていての色の違いで願い事分けています。例えば赤色だと健康祈願、黄色だと金運UPなどです。ランタンにお願い事を書き、お店の人が協力してくれるのでそれを空にあげます。ランタンに書き込む内容はお願い事じゃなくてもイラストでもなんでも好きなことを書いて大丈夫です。ランタンの値段はお店によって変わってきますが、大体1000円以内です。

 

View this post on Instagram

#十份ランタン #台湾

A post shared by hana (@mikage_saku) on

 

もちろん私もランタンを飛ばしたくて十分(十份)に来たんですが、駅の目の前にある川を見ると飛び終わったランタンの残骸が至る所に引っかかっていて、片付けていないようでした…。それを見てしまったので結局私はしませんでしたが、帰ってきてから調べたら落ちるところは大体決まっているのである程度回収はしているようです。次、行くときは私もランタンにお願い事を書いて飛ばそうと思いました。

 

View this post on Instagram

#十份#ランタン#台湾

A post shared by hana (@mikage_saku) on

 

ランタンを飛ばす位置なのですが、実は線路に入ってランタンを飛ばしています。日本ではありえない貴重な体験です。

 

 

平渓天燈祭(天燈節)

十分のランタンといえば、下写真のようなディズニー映画「ラプンツェル」の世界をそのまま再現したようなものをイメージするかもしれませんが、これは毎年、旧正月の15日(元宵節)に開催される「平渓天燈祭(天燈節)」だけです。この時は世界中から数万人が訪れる為、交通規制が敷かれて、十分まで自分で行くのが難しくなるのでツアーなどに申し込まれた方がいいと思います。

 

 

ランタンを飛ばすのを一通り見た後は大きな橋(静安吊橋)を渡ってみる事にしました。

 

View this post on Instagram

#十分 #十分老街

A post shared by hana (@mikage_saku) on

 

渡りきったところから十分(十份)老街が見渡せます。

 

View this post on Instagram

#十分 #十分天燈

A post shared by hana (@mikage_saku) on

 

十分(十份)駅周辺は人が暮らしている風景は見られませんでしたが、橋の向こうには人の暮らしの気配がしました。

 

 

少し散策して橋を渡って戻りました。十分(十份)には観光名所になっている「十分(十份)瀑布」という滝も近くにあるのですが、歩いて行くにはかなり遠かったので今回はやめる事にしました。 

そうなるとこの十分(十份)で見るところがなくなりました。次に九分(九份)に電車で移動することにしていたので電車の時間がもうすぐだったので駅の近くのお洒落なカフェで肉まんを購入しました。なんの期待もせずに口に入れたのですが、これが生地がふわっふわでめちゃくちゃ美味しかったです。中正紀念堂でも肉まんを食べましたが、やっぱり美味しかったです。たぶん台湾だったらコンビニで肉まんを食べても美味しい気がします。

 

 

アクセス

名前:十分(十份)分老街
住所:新北市平溪區十份老街
所要時間:ランタンを飛ばして、周辺散策、軽食で2時間。

 

台北から十分(十份)へ行く場合、地図で距離だけみるとバスで行くほうが早いように思いますが、実際には遠回りになっても電車の方が早いです。

電車で行く場合、私は台北車站(駅)で十分(十份)までのチケットを購入。(悠遊カードも使用可能)

  ↓

普通列車から約40分で「瑞芳駅」に到着。

  ↓

「平渓線」に乗り換えます。途中で猴硐(猫が沢山いる村)を通るので人がそこで乗り降りします。

  ↓
更に30分程で十分(十份)に到着。帰りの電車は1時間に1本程度しかありませんその場ですぐ帰りの電車時間をチェックします。

料金は大体60元から95元で、所要時間はスムーズにいって約75分です。

※ちなみにバスの場合は台北駅から木柵駅までMRTで移動し、そこからバスに乗ります。所要時間90分で、かなりの山道を猛スピードで運転する為車酔いしやすい人は注意です。料金は69元~75元です。

 

 

次に十分(十份)、九分(九份)に行く場合のベストプラン

今回私は昼間に行きましたが、もし次回行くなら十分(十份)も九分(九份)も夕方以降がいいと思いました。

台北駅を出発

  ↓

瑞芳駅で「平渓線」に乗り換え

  ↓

猴硐(猫が沢山いる村)で下車、散策したら再び乗車。

  ↓

十分(十份)駅で下車 十分老街でランチ

  ↓

瀑布十分(十份)瀑布(徒歩15分)

  ↓

十分(十份)駅に戻り、夕方18時頃、天燈あげ

  ↓

1時間かけて九分(九份)へ移動し、夜景を楽しみ、夕食取ります。

  ↓

バスで台北駅に戻る

 

今回はよく分からないまま十分(十份)も九分(九份)に行きましたが、どちらも屋台だけではなく、レストランも充実していました。次回は是非利用したいです。

 

QR Code

Posted by hana