カテゴリーから検索はこちら

Translate:

  ミツバハマゴウ (三葉蔓莉) 学名:Vitex trifolia クマツヅラ科ハマゴウ属 梅雨に入った5月あたりから海岸でみかけはじめました。分かりにくいですが、向かって右側の花の下に3枚の葉がついています。 ちなみにミツバハマゴウの近縁種のハマゴウ(蔓荊)は葉が 一枚の単葉です。 ミツバハマゴウの実を乾燥させたものは蔓莉子(まんけいし)といい、生薬として使われます。   お散歩がてら積んでみて、お家で飾ってみました。

  ホソバシャリンバイ(細葉車輪梅) 学名:Rhaphiolepis indica (L.) Lindl. ex Ker var. liukiuensis ( Koidz.) Kitam. シャリンバイの亜種で常緑低木 バラ科シャリンバイ属 九州以北では5月が満開時期ですが沖縄のホソバシャリンバイは3月から白い花が咲いています。     本部富士やアスムイ御嶽など石灰岩の山の頂上付近でホソバシャリンバイをみかけますが、民家の庭先ではマルバシャリンバイをよく見かけます ...

2018年10月18日

  Easiest way to get to Iheya-island and Izena-island from Okinawa-island. Please click translation function on the upper right side of the screen. 美ら海水族館がある沖縄北部から80分で行ける伊平屋島と 55分で行ける伊是名島に行ってきました。 今は伊平屋島で開催されるムーンライトマラソンや 伊是名島で開催されるいぜな88トライアスロンや尚 ...

2018年10月18日

  伊平屋島アクセス   沖縄北部の運天港を出発してフェリーで80分、伊平屋島の前泊港が見えてきます。   前泊港の右側に虎頭岩(トラズイワ)が見えてきます。虎の横顔に似ているのが名前の由来。 虎頭岩   そして伊平屋島の前泊港に着いてフェリーを降りたら、ターミナルの建物を通り抜けて外に出ます。 目の前には伊平屋島に一軒しかない レンタル伊平屋(0980)46-2090 でレンタカーを借ります(事前予約必須)。 レンタルバイクやレンタサイクルも取り扱ってい ...

2018年10月18日

  伊平屋島アクセス   伊平屋島(1)   今度は伊平屋島灯台から野甫島に向かって南下していきます。   伊平屋島の回り方   虎頭岩(とらずいわ) 伊平屋島灯台から絶景の海を眺めながら、前泊港の近くの虎頭岩まで30分のドライブです。 実は伊平屋島の虎頭岩には琉球神界の岩戸伝説があります。 冬至の夜に虎頭岩の上で光と闇が大空を二つに分けた時、「もどろの太陽」と虎頭金神と「満月」とが一直線に結ばれた。その時、数千年の長い間、闇の世界に封印された琉 ...

2018年10月18日

  アクセス方法   伊平屋島(1)   伊平屋島(2)   野甫島展望台を出発して車で5分。野甫港に着きました。 野甫港から伊是名島を結ぶ唯一の交通手段が渡し船(チャーター便)で15分ほどです。 正確には野甫島の野甫港から伊是名島の内花港へ渡ります。 この時は電話予約時に値段を確認したら1名3200円でしたが、2018年10月現在は1名5000円に変わっていました。 この船賃金とは別に環境税として伊是名島へ一人100円なので合計5100円です。 運天港か ...

  グンバイヒルガオ (軍配昼顔) 学名:Ipomoea pes-caprae ヒルガオ科サツマイモ属の多年草 葉が軍配のような形をしている亜熱帯や熱帯に広く分布する。沖縄では「ハマカンダー」と呼ばれている。 カンダーはイルカンダのカンダと同じで葛(かずら)を意味するので 浜にある葛(かずら)という意味。 イルカンダ     農作物に被害をもたらす特別な病害虫を発生させる為、沖縄から持ち出せない植物です。 紅芋もだめなのでサツマイモ属は注意が必要です。 ちなみにこの ...

  オオバナソシンカ(大花蘇心花) 学名:Bauhinia blakeana  マメ科ハカマカズラ属。 別名アカバナハカマノキ、ホンコンオーキッドツリー。 葉の形が羊の蹄に似ている事からヨウテイボク(羊蹄木)ともいわれ、10月~11月、2月~3月の年2回蘭のような甘い香りの花が咲きます。 植わっている土の養分でだいぶ色が違うみたいで、上は21世紀の森公園で撮影。 こちらは街路樹でみかけたもので花の色が薄めです。 始めはトックリキワタの花と思ったのですが、調べてみるとトックリキワタは葉が ...

2018年10月17日

  関西テレビ系列でやっている「僕らは奇跡でできている」という番組で主人公の高橋一生が演じる一樹が山の中で見つけた鳥はシジュウカラ(四十雀)でしたね。見た目も声もかわいい鳥です。 オキナワシジュウガラ(沖縄四十雀)  学名:Parus minor okinawae  スズメ目シジュウガラ科 私が初めて写真に収めたのは国頭の山奥、ヤンバル学びの森、ヤマシンコースでした。   オキナワシジュウカラは、ツイッピーツイッピーと鳴き、留鳥として沖縄諸島に生息。スズメとほぼ同じ大きさ(全 ...

  オリイオオコウモリ 大蝙蝠(フルーツバット) 学名: Pteropus dasymallus inopinatus  オオコウモリ上科  オオコウモリ科 クビワオオウコモリ種   私たちがイメージする洞窟に暮らすコウモリは 小型コウモリで音の反響を確かめながら空を飛ぶ為、耳が発達している 昆虫などを食べて生きているが、 沖縄、小笠原諸島に暮らすオリイオオコウモリはクビワオオウコモリの亜種で 目が大きくよく見えるので、耳は小さい 英名は flying fox 「空飛ぶ狐」と ...

2018年10月17日

  ヒスイカズラ(翡翠蔓) 学名:Strongylodon macrobotrys マメ科ヒスイカズラ属 英名はジェードバインでジェードは翡翠、バインは蔓で和名と同じ意味です。 ヒスイカズラの誕生日は4月13日だそうで、花言葉は「私を忘れないで」。 ハワイではレイにして首にかけると私の英語の先生が教えてくれました。 強烈な外見でこれぞ南国の植物っという感じのヒスイカズラはイルカンダと同様にオオコウモリが受粉をお手伝いします。   イルカンダ   オオコウモリ ...

他のカテゴリーへ移動