カテゴリーから検索はこちら

Translate:

QR Code

北野武監督映画「TAKESHI’S」のロケ地☆今帰仁の宿 ハイビスカス【沖縄:今帰仁村】

 

HIBISCUS INN NAKIJIN where the movie was filmed☆Travel Information of Okinawa. Please click translation function on the upper right side of the screen.

 

今帰仁村にはテーブルに蛇口がついていて捻(ひね)れば樽に直結した泡盛が飲めるという夢の様なお店があります。名前は北山食堂。そして北山食堂と同じ敷地内にある琉球古民家の宿 ハイビスカスに泊ってプチ旅行気分を味わう計画を立てたのですが、なんと北山食堂が定休日だったため後半の計画だけを実行することにしました。

宿泊する時期にもよるでしょうが、宿泊料金はツインルーム(2人利用)だと1人1泊3750円、トリプルルーム(3人利用)だと1人1泊3600円ほどで泊れます。(下写真2枚は公式ホームページからお借りしました)

今帰仁の宿 ハイビスカス
今帰仁の宿 ハイビスカス

 

次回是非泊まってみたいのが古民家スペース。4人まで泊れるのでその時は1人1泊3100円です。

今帰仁の宿 ハイビスカス

 

私が泊まったトリプルルームのお部屋には北野武監督の映画「TAKESHI’S」の看板や撮影風景などが飾られていました。写真を見ると、この宿で撮影したようです。(下写真)

今帰仁の宿 ハイビスカス
今帰仁の宿 ハイビスカス

 

また、同じ今帰仁村には「映画 ゲゲゲの鬼太郎~千年の呪い歌~」のロケ地として使われた備瀬のわるみがあります。

 

備瀬のワルミ
備瀬のワルミ

 

 

食事に関してですが、宿のオプションでBBQセット(2000円)をレンタルするのもおススメです。自分達でスーパーで肉や魚、ビールに泡盛を買って、珍しい野菜もたくさん売っているのでJAファーマースマーケットで沖縄ならではの野菜や果物を買ってBBQも楽しいです。宿には共用の冷蔵庫もありますし、包丁や食器などは宿の共有施設である台所に一式揃っていました。ウォーターサーバーもありました。

 

 

とってもよいお宿だったのですが、唯一不便だと思ったのが普通の家を改装して宿にしているのでトイレが家の奥にあること。夜に外でBBQして飲んでるとトイレも近くなりがちですが、自分達以外の宿泊者がいらっしゃると他の方が寝静まっていてもその前の廊下を通らねばならないので気を使いました。

朝方には庭に出て、コーヒーとお茶はご自由にどうぞとセットされていたので人気のしまドーナッツと一緒に頂きました。

 

 

この宿がある今帰仁村は実は世界中の蝶の研究者の間では有名な場所です。この宿のお庭にもオオゴマダラアサギマダラツマムラサキマダラなどがたくさん飛んでいてそれを見ながらの優雅な朝ごはんは最高でした。

 

アサギマダラ(浅葱斑、学名:Parantica sita)
アサギマダラ(浅葱斑、学名:Parantica sita)

 

ヤールー(ヤモリ)ももちろんたくさんいますが、オキナワキノボリトカゲもたくさん見かけたので生き物が好きな人はきっと泊ると楽しいと思います。

 

オキナワキノボリトカゲ 学名:Japarula polygonata polygonata
オキナワキノボリトカゲ 学名:Japarula polygonata polygonata

 

ホームページ

 

アクセス

名前:今帰仁の宿 ハイビスカス
住所:沖縄県国頭郡今帰仁村今泊3571
TEL:0980-56-5830
チェックイン:15:00~21:00 チェックアウト:10:00

名護の道の駅 許田から 車で約40分

 

QR Code

Posted by hana