カテゴリーから検索はこちら

Translate:

QR Code

なぜ左が陽になるの?【陰と陽の覚え方】東洋医学概論

2020年6月10日

 

陰陽学説とは

古代中国の哲学理論であらゆるものは陰(日陰)と陽(日なた)に分かれているという概念です。

の性質は【明るい・情熱的・上昇的・活動的・動的

の性質は【暗い・寒冷的・下降的・内向的・静的

大体は言葉の持つイメージで「陰陽」どちらに属するのか想像がつきます。

新版 東洋医学概論より
新版 東洋医学概論より

 

しかしその中でも陰陽の元になった理由が(私的に)分かりにくいものが以下だったので暗記しやすいように何故そうなるのかの理由を探しました。

 

東と西

太陽が昇る東が陽、太陽が沈む西が陰

右と左

国王は南を正面にして玉座に座った時、太陽が昇るのが左(陽)太陽が沈むのが右(陰)(今も雛人形を飾るときはお内裏様が左でお雛様が右)

子供と大人

活発に動き回るから(動的)子供は陽じっと座ることができる(静的)から大人は陰

奇数と偶数

奇数は2で割った時に1余ります。それは「不安定」→つまり動的なので陽
偶数は2で割った時に割り切れます。それは「安定している」静的になり陰

気と血

気は身体の外側(陽)に漂っていて血は体の内側(陰)を流れている

 

人体における陰陽

単純に上部が陽下部が陰(日のあたる)背中側が陽内側が陰

更に口から肛門まで体の外とつながっている六腑(胆、小腸、胃、大腸、膀胱、三焦)は陽五臓(肝、心、脾、肺、腎)は陰

五臓の中でも上部にある心と肺は陽下部にある肝と腎は陰

そしてここからがややこしい陽中の陽(心)陽中陰(肺)です。

身体を横から見た場合 肺は心臓よりも内側(陰)心臓は背中側(陽)

ここまでは物理的な体の配置で理解できたのですが

腎臓は背中寄り(陽)で肝臓はお腹寄り(陰)に位置する為

陰中の陽(肝)、陰中の陰(腎)が当てはまりません。

そこで臓器の数に注目して覚えることにしました。

肺は2つ(偶数)で陰心臓で1つ(奇数)で陽

腎臓は2(偶数)で陰肝臓は1つ(奇数)で陽

また覚えにくいものを発見したら追加して載せていきます。

QR Code

2020年6月10日

Posted by hana