カテゴリーから検索はこちら

Translate:

QR Code

天然かき氷と最強のパワースポットをめぐる1泊2日の日光の旅【栃木】

2019年9月9日

 

Travel Journal of Tochigi for 2 night. Please click translation function on the upper right side of this screen.

 

今回の旅行では日光東照宮に行く事を最初から決めていたのでお賽銭がたくさん必要になることは予想できました。そこで10円と5円だけを大量に入れた小銭入れを用意して持って行って大正解でした。その他にもタッパーなども大いに役立ちましたのもしよろしければ一度見落としがちな持ち物の記事に目を通してみて下さいね。

 

 

東京から日光に電車で行く場合、まるごと日光東武フリーパスを使うと浅草から東部日光までの往復運賃とバスなどが無料になります。これを使って日光観光に行ってきました。

 

日光の回り方(1日目)

 

私はどうしても餃子が食べたかったので東京・浅草から特急きぬに乗り、下今市で下車します。まずは栃木県民が口をそろえて大好きというお店に餃子を食べに行きます。

 

ぎょうざ専門店 正嗣

ぎょうさ専門店 正嗣のメニューは水餃子と焼餃子の2つしかなく、ビールもライスも置いていない本気で餃子のみを食べるお店です。焼餃子は餡がぎゅっと詰まっているのにアッサリしていて餡を楽しむ感じで、水餃子は口にいれるとモッチリしていますがのど越しはツルリとしていていくらでも食べれそうでした。

 

ぎょうざ正嗣 今市店
ぎょうざ正嗣 今市店

 

 

餃子を食べてお腹を満たしたら再び今市駅に戻り、今度は東部日光駅を目指します。この間もまるごと日光東武フリーパスは使えるので運賃は追加でかかりません。東武日光駅からは日光東照宮行きのバスが出ているので今度はそれに乗り込み、日光東照宮を目指します。

 

日光東照宮と二荒山神社

徳川家康公は「風水の最高の条件の場所」に江戸城を中心とした江戸の城下町を作ったと言われています。その徳川家康公のお墓がある日光東照宮もまた風水的にとても良い場所に作られていて、現在でもパワースポットと呼ばれています。

 

日光東照宮
日光東照宮

 

日光東照宮全体がパワースポットなのですが、その中でも更に強力なよい「気」が満ちていると言われているところを中心にお参りしました。

 

 

お参りが終わったらほっと一息つきたかったのでかき氷を食べに行きました。

 

日光茶屋

日光といえば時間をかけてゆっくりと凍らせることでふわふわなかき氷を作ることが出来る天然氷が有名です。日光茶屋では日光の3大天然氷のうちの1つ松月氷室を使ったかき氷を食べる事が出来ます。

注文したのは絶品黒蜜かき氷で、黒蜜シロップを自分でかけるタイプのものでした。氷にシロップをかけ始めたとたんあっという間に溶け始めるので急いで食べました。黒蜜は甘ったるくなく、すっきりした甘さでふわふわの天然水とよく合います。

 

日光茶屋 黒蜜かき氷
日光茶屋 黒蜜かき氷

 

 

ホテルにチェックイン後、ホテル内で夕食。

 

日光の回り方(2日目)

ホテルで朝食を済ませたら東武日光駅からバスに乗り、華厳(けごん)の滝へ向かいます。風水の考え方ではよい「気」をもらった後は、それが逃げないように自分の中に溜めておける様に水のある場所に行くとよいとされています。

 

華厳の滝

残念ながら前日の夜に大雨が降っていたこともあり、地上では霧がかかって何一つ見えませんでした。しかしエレベーターで地下に降りてみると目の前には綺麗な滝の姿が広がっていました。この水は中禅寺湖から流れ出した湖水で、高さ97mの断崖を一気に落下する為ものすごい爆音を挙げて流れているそうでなかなか壮観な景色でした。

 

華厳の滝
華厳の滝

 

 

再びバスにのり、東武日光駅へ戻ります。

 

さかえや

東武日光駅で下車したらこの旅2回目の天然氷で作られたかき氷を食べて帰ります。残念ながらとちおとめ苺を使ったかき氷は売り切れで食べられませんでしたが、松月氷室の天然氷を使ったふわふわかき氷をいただきました。

 

さかえや
さかえや

 

そしてこのお店で一番売れているゆばを揚げた湯葉(ゆば)あげまんじゅうも一緒に頂きます。湯葉を油で揚げているのでふにゃっとした食感かと予想していましたが、実際にはやわらかいけどそれなりにしっかりしているふわふわ食感でした。控えめの甘さの餡(あん)との相性抜群でめちゃくちゃ美味しかったです。

 

さかえや 日光 あげゆばまんじゅう
さかえや 日光 あげゆばまんじゅう

 

 

何個でも食べれる美味しい食べ物がたくさんある日光。おまけによい「気」も頂いてパワー充電できた旅でした。本当は最後に日光駅周辺で食事をしたかったのですが、帰りの電車に間に合わなかったので駅弁を購入して車内で食べました。電車の中で食べるお弁当が結構好きです。最後に日光らしいお土産も買いました。このカステラもっちりしていてとても美味しかったです。

 

日光 お土産
日光 お土産

 

東京から日光へ電車で行く場合のお得なチケット

まるごと日光東武フリーパス

私の上記の旅行プランですとまるごと日光東武フリーパスを使った方がお得です。

日光地区の鉄道、バスが乗り降り自由なので日光東照宮、明智平、中禅寺温泉、戦場ヶ原、光徳温泉、湯元温泉等など日光を満喫できます。

 

JRえきねっと期間限定トクだ値で30%割引

ただし、日光東照宮のみ行く場合ですと現在期間限定でJRえきねっと期間限定トクだ値チケットで通常運賃の30%割引でチケットを購入できます。
※片道の運賃から購入可能ですが、バスなどのフリーパスはつきません。

 

QR Code

2019年9月9日

Posted by hana