カテゴリーから検索はこちら

Translate:

QR Code

スティーブ・ジョブズも心酔した禅の世界を表現☆鈴木大拙(だいせつ)館と松風閣庭園【石川:金沢】

 

The building which expressed the worldview of “Zen" is Daisetsu Suzuki-Kan # Travel Information of Kanazawa. Please click translation function on the upper right side of the screen.

 

禅の世界感を世界に広めた鈴木大拙の世界感をそのまま表現した記念館が金沢にあります。大拙は金沢生まれで、生家の隣に建てられています。建築はあのニューヨークのMOMAの設計者谷口吉生さんの作品です。

 

View this post on Instagram

#鈴木大拙館

A post shared by hana (@mikage_saku) on

 

建物は3つの空間「玄関棟」「展示棟」「思索空間棟」とそれを繋ぐ回廊から構成されています。

鈴木大拙館といえば「水鏡の庭」 “Water Mirror Garden"と「思索空間棟」 “Contemplative Space"が有名です。

 

View this post on Instagram

#水鏡の庭 #Water Mirror Garden#鈴木大拙館

A post shared by hana (@mikage_saku) on

 

「思想空間」 “Contemplative Space"の中は何時間でもいられる空間です。また、他人がいても大拙の世界にすっと入り込めるので、自分しかいないような気持ちになる不思議な空間でした。

 

View this post on Instagram

#鈴木大拙館#思想空間

A post shared by hana (@mikage_saku) on

 

View this post on Instagram

#思想空間 #comtemplativespace #鈴木大拙館

A post shared by hana (@mikage_saku) on

 

鈴木大拙館は展示棟以外は写真を撮ることが出来ます。どこで風景を切り取ってもとても絵になります。

 

View this post on Instagram

#鈴木大拙館

A post shared by hana (@mikage_saku) on

 

蹲(つくばい)はイサム・ノグチの作品。蹲とは元々は茶室に入る前に、手を洗う為に置かれた背の低い手水鉢(ちょうずばち)で日本庭園の露地に趣を加える為に置かれたものです。

 

 

光の差し具合によって柔らかく温かみを感じる時もあれば、時には突き放すような冷たさも感じされられました。

鈴木大拙館の隣には鈴木大拙館の庭からしか行けない素晴らしい日本庭園があります。

 

松風閣庭園(しょうふうかくていえん)

金沢が誇る日本庭園といえば兼六園ですが、その兼六園を作るときに参考にしたといわれるのが、松風閣庭園です。加賀藩の本多家の屋敷跡である松風閣庭園江は戸時代初期に作られた池泉回の遊式庭園です。現在は北陸放送のMROの所有となっており、鈴木大拙館がオープンした2011年までは一般公開されていなかったそうです。鈴木大拙館とは違う良さがあるので時間が許せば是非訪問して欲しいです。

 

ホームページ

 

View this post on Instagram

#松風閣庭園

A post shared by hana (@mikage_saku) on

 

ホームページ

 

アクセス

名前:鈴木大拙館住所: 石川県金沢市本多町3丁目4番20号
TEL :076-221-8011

入館料:一般 : 310円 65歳以上 : 210円 高校生以下無料(2019年10月1日改定)
営業時間:09:30~17:00 入館は16:30まで
休み:月曜(月曜日が休日の場合はその直後の平日)、年末年始 (12月29日から1月3日)
※その他、展示資料の整理等のため休館する場合があります。

 

駐車場はありません。近隣の有料駐車場等をご利用ください。
(参考:金沢歌劇座有料駐車場より徒歩4分)

バスでの行き方 (金沢駅発)

北鉄バス→本多町で下車 徒歩4分
城下まち金沢周遊バス→本多町で下車 徒歩4分
 
その他、1日フリー乗車券(一般500円)があります
 
 

QR Code

Posted by hana